【第83回】最初が肝心! 人気作品から学ぶ「掴み」の技術!!

ジャンプルーキー!をご覧の皆様、こんにちは。
今回のブログを担当させていただく、ジャンプ+編集部の岡本です。

今回のテーマは、【最初が肝心!人気作品から学ぶ「掴み」の技術!!】ということで、
漫画における冒頭部分についてお話しします。

冒頭、導入、掴み、言い方は色々ですが、漫画の最初の10p程度だと想定してみましょう。
ここで読者に「ややこしいな」「退屈だな」「面白くなさそう」と思われてしまうと、どんなに時間を費やし、全力で仕上げた作品でも、その続きを読んでもらうことは難しいでしょう。
残酷な話ですが、だからこそ、冒頭で読者の気を惹き、次のページへと進んでもらうことが重要です。
そのための技術を、人気作品から学んでみよう!というのが本日のテーマです。
※紹介する作品・意見は岡本個人によるものであり、編集部としてのものではありません。

では早速、1作品目です。

説明不要の大ヒット作ですが、

  • 教壇に立つ謎のタコ型生物
  • 「起立!」の号令とともに向けられる銃口
  • 圧倒的弾幕を華麗に避けながら出席を取る

…いかがでしょうか。強烈なインパクトと同時に、「この生物は何!?」「一体どんな状況!?!?」と、次の展開が気になって仕方ないのではないでしょうか。誰もが知っている教室という舞台で繰り広げられる「暗殺」という異常事態…もはや不可抗力で、ページをめくってしまいます。
読者がよく知っているものを基盤にして、複雑さや理解するための労力を排除しつつ、そこに目を惹く異常な要素を組み合わせる。応用が効きそうな技術ですね。


続いても週刊少年ジャンプのヒット作から。
主人公・トリコの初登場シーンは編集部でも「お手本」と言われるほどの名シーンです。
具体的な内容としては、

  • 数メートルの巨大な虫を餌に、鉄骨とロープで釣りをしている
  • エビを手掴みで丸齧り
  • ブランデーの瓶を手刀で切り、一気飲み
  • 近くに生えていた「葉巻木」を折ってくわえ、指パッチンで着火

…というものです。
トリコの豪胆で健啖家な面を強烈に印象付けると同時に、葉巻木というそのまま葉巻になる植物の存在、巨大な虫、さらにそれを餌として釣りをする=さらに巨大な生物がいる、という、「キャラ見せ+この世界がどんな場所かの説明」を非常にスマートに達成しています。
やることが多い冒頭ですが、こういった複数の役割を「兼ねる」シーンを入れることで、上手く読者を楽しませつつ、キャラや世界観が説明できるのではないでしょうか。
ちなみにこの「兼ねる」技術については、『暗殺教室』の松井優征先生も、「ジャンプの漫画学校」で語られています。


冒頭、ではないのですが…主人公、一歩の才能の見せ方が非常に巧みです。
いじめられっ子の一歩は、プロボクサー・鷹村に出会い、憧れを抱きます。
「ボクシングをやりたい!」と言う一歩に、鷹村は「ジャブで空中の木の葉を、10枚掴みとれ」という課題を出します。
期限となる一週間後…

  • 一歩は見事に成功し、10枚の木の葉を掴み取る。
  • 驚く鷹村。「なんでできちゃったんだよ…」と、プロである鷹村さえまさか出来るとは思っていなかったレベルの課題だったことが判明。
  • しかも一歩は左手だけでこの課題をクリア。「両手で10枚のつもりだったのに」とさらに驚く鷹村。

見事な「キャラ見せ」ですね!
ここでは、一歩が、プロの第一線で活躍する鷹村を驚かせる存在であること、さらには「両手で10枚の課題を片手でクリアした」と明かし、一歩の才能にもう一段の凄みを持たせています。
漫画において主人公の存在は重要です。特に冒頭では、「こいつは凄い」「ずっとこいつを見ていたい」と思わせることで、次のページをめくってもらえる確率も高くなります。

以上、漫画の冒頭についてお話しさせていただきました。
あくまで今回ご紹介したのは先例、参考意見として、「続きが気になって仕方ない」「凄い作品に出会った!」と鳥肌が立つような冒頭を考えてみてください。
いつか漫画賞や持ち込みで、皆様の作品を拝見できる日を楽しみにしております。



■現在募集中!

『第1回ジャンプ+ 画力マンガ賞』はコチラ↓

『少年ジャンプ+ 持ち込みはコチラ↓

「『奇妙』漫画賞」の結果を発表しました

「世にも奇妙な物語×少年ジャンプ+ presents 『奇妙』漫画賞」の選考結果を本日発表しました。

全応募作品から、世にも奇妙な物語制作スタッフ&ジャンプ+編集部が選んだ作品は…?
結果を、ぜひチェックしてください。選評、総評も必見です!

「『奇妙』漫画賞」の選考結果はコチラ

「少年ジャンプ+ お仕事漫画賞」の結果を発表しました!!

ルーキー出身作家の新連載が少年ジャンプ+で続々開始!

少年ジャンプ+でルーキー出身作家の新連載が続々開始!
掲載スケジュールは、以下の通りです。

◆12月4日(土)「サラダ・ヴァイキング」ソウイチロウ
地球の命を喰らい尽くすために宇宙からやってきた最強の狩猟生命体・レオ。
そんな最強の怪物は、調査の最中に1人の少女と出会う。
捕食対象である彼女が勧めてきたのは、地を這い、言葉も持たぬ下等な存在<野菜>であったーー。
そして、宇宙からやってきた怪物は理解する“この星の緑は美味い”と。

◆12月5日(日)「全部ぶっ壊す」原作:へじていと 漫画:山岸菜
激闘の末、破壊神と英雄は相打ち、滅した……。
時は経ち、破壊神は現代に女子高生として蘇った。何故か双子の兄は、先に蘇っていた英雄で!?
新感覚撃滅不思議ファミリーコメディ!堂々開幕……!!

・ソウイチロウ先生の少年ジャンプ+掲載作品コチラ
・へじていと先生の少年ジャンプ+掲載作品コチラ

少年ジャンプ+でルーキー出身作家の新連載が続々開始!

ルーキー出身作家のジャンプコミックス12/3(金)発売!!

12/3(金)にジャンプルーキー!出身作家のジャンプコミックスが発売!!

◆腹腹先生【1】 高口 楊
金が全ての『極道』相手でも、妹を取り戻すため私はもう逃げない。学問の道で夢破れ、田舎で教師として生きる梓。
生徒や同僚の先生からもつらく扱われる毎日を甘受していたが、ある日唯一の肉親である妹が東京でトラブルに巻き込まれた事を知る。
怪しげな裏社会相手に、姉である梓は…!?

作品はコチラからご覧ください。
[少年ジャンプ+]腹腹先生

ルーキー出身作家のジャンプコミックス10/4(月)発売!!

少年ジャンプ+にルーキー出身作家の読切が掲載!

少年ジャンプ+でルーキー出身作家の読切作品が掲載決定!
掲載スケジュールは、以下の通りです。

◆12月1日(水)「超能力一家かすみ」ひざ
超能力を持つ女子高生・かすみは、超能力の存在を他人に知られないため、友達も作らずに生活を送っていたが…。

これまでにジャンプデビューしたルーキー出身作家の実績はコチラ

 少年ジャンプ+にルーキー出身作家の読切が続々掲載!

「連載グランプリ2020」 シルバーグランプリ作品が11/30(火)よりジャンプ+にて連載開始!

連載&単行本化に直結の漫画賞、少年ジャンプ+連載グランプリ2020 のシルバーグランプリ作品「アフタースクールメイト」が連載スタート!

◆11/30(火)連載開始
「アフタースクールメイト」 海野久遠
家族、友達、自分自身――…体と心の性差を自分ではわかっていても理解を得られないことに苛立ちを持つリカは、ある日母親とケンカをして家を飛び出す。そこで出会ったのは、【理解されない】ことを共有できる少年・サツキだった…
出逢ったふたりは、逃げ続けた問題へと立ち向かっていく――
「個」を問いかける青春ドラマ、鮮烈に登場!!

・海野久遠先生がシルバーグランプリを受賞した、少年ジャンプ+連載グランプリ2020の結果はコチラ

「連載グランプリ2020」 シルバーグランプリ作品が11/30(火)よりジャンプ+にて連載開始!

2021年10月期のルーキー賞受賞作を発表しました!

本日、2021年10月に投稿された作品のランキング上位10作品の中から、ジャンプ編集部の選んだ月間ルーキー賞受賞作品を発表しました。

2021年10月期 受賞作発表はコチラ

受賞作はもちろん、最終候補作となったランキング上位10作品の全てに編集部がコメントしていますので、受賞作と合わせてご覧ください。

月間ルーキー賞は毎月開催しているマンガ賞で、現在は2021年11月期のランキングを毎日更新中です。月間ルーキー賞について詳しくは「月間ルーキー賞とは」をご覧ください。