【第18回】ルーキーからヒット作家への道!『悪魔のメムメムちゃん』作者インタビュー!

いつも少年ジャンプルーキーを読んで頂き、また投稿して頂き、本当にありがとうございます。
今回の編集部ブログは、元ルーキー投稿者にして、現在少年ジャンプ+で絶好調連載中!コミックスも重版出来!そして何と、週刊少年ジャンプ2016年49号に出張読切を掲載!とノリに乗っている、四谷啓太郎先生のインタビューをお届けします。
ルーキー投稿からデビューに至るまでのお話、参考になれば幸いです!

先日発売されたコミックス1巻!
即重版で、メムメム旋風吹き荒れてます!


―――少年ジャンプルーキーに投稿したきっかけはなんですか?

ジャンプの漫画賞に3年ほど前に投稿して落選した、人に見せてない漫画がいくつかあって、そのまま眠らせておくのももったいない気がしたので、どうせなら人が読める場所に載せておこうかなと思い投稿しました。その漫画は少年ジャンプルーキーのランキング10位内にも入りませんでしたが、ランキング上位の漫画と比較して自分の漫画の何がダメか見直すきっかけになったので良かったと思っています。

少年ジャンプルーキーの投稿作。閲覧はコチラ

―――投稿からデビューに至るまでの経緯を教えてください。

僕の場合は、ルーキー投稿作と、Twitterに載せていたいくつかのショート漫画を見てもらったのがきっかけで今の担当さんに声をかけていただいたのですが、その時特に褒めていただいた漫画をモデルにして読切を描き、それがそのままデビュー作となりました。編集さんからあなたはこういう漫画が描けると思うのでこういう内容のものが欲しいです、という具体的な要求があれば掲載に足り得る漫画を描くのは少し楽になるのかなと思いました。そのためにもネット上で編集さんが見える場所に漫画を載せておくのは大事な事だと思いました。

―――週刊少年ジャンプに作品が載った感想はいかがですか?

ジャンプの読切掲載は原稿作業の時にペン入れの一本目の線がなかなか引けないほど緊張しました。掲載されてからも雑誌に載ってるのを見るのが恐ろしくて電子版を読んでからやっと雑誌でも読めるようになりました。自分の漫画が載ることや多くの人に読まれることに気負わずにいる必要があると思いました。

少年ジャンプ+掲載の読切(左)と、週刊少年ジャンプ掲載(右)の『悪魔のメムメムちゃん』。等身が全く違う…。

―――最後に、ルーキー投稿者に激励のお言葉を!

少年ジャンプルーキーには多くの面白い漫画が投稿されていて僕も楽しく読ませていただいています。
少年ジャンプルーキーは閲覧数も多いですしブラウザでも読めるしビュワーも読みやすいので、ルーキーという名前を冠していますが、デビュー済みの方なども気にせずいろんな漫画を投稿してみてはと思います。


四谷先生、ありがとうございました!皆さんも四谷先生に続くべく、ガンガン投稿お願いします!

少年ジャンプ+で絶好調連載中の「悪魔のメムメムちゃん」はこちからご覧ください。
[少年ジャンプ+]悪魔のメムメムちゃん