ヘルプ

広告設定について

ジャンプルーキー!アプリでの広告収入を受け取るための設定において、AdMob側のデータベース反映のタイミングによって、お待たせしており申し訳ございませんでした。
現在Android版・iOS版については、問題なくAdMob内で検索ができるようになっております。

自分の作品から広告収入を得るための設定をする

広告設定について

ジャンプルーキー!アプリでは、作品の投稿者自身の広告ユニットID を設定することで、投稿した作品が読者に閲覧される際に発生する広告収入を得ることができます。設定をしなかった場合、アプリでの閲覧による広告収入は、アプリの運営やサーバーの維持費の一部に活用させて頂きます。広告はビューワーの最終ページの後、「いいジャン!」ボタンの前に表示されます。広告を非表示にすることはできません。

f:id:jumprookie:20180502192037p:plain

収益はアプリ版でのマンガの閲覧数に応じて支払われ、現時点ではWEB版、ジャンプ+版での閲覧は対象外となっています。また広告収入の還元は、ジャンプルーキー!に広告ユニットIDを登録した時点からのお支払いとなります。(閲覧数あたりの収益については、リリースから一定期間が経ち、平均的な収益額が確認でき次第、目安となる数字を本ヘルプ内やよくある質問内で公開する予定です。)

広告プラットフォームには AdMob を利用し、そこで作成した広告ユニットIDをジャンプルーキーのWEB設定画面より設定頂ければ、自動でアプリ上に組み込まれます。AdMob アカウントを取得した後、AdMob上でジャンプルーキー!に紐づいた広告ユニットを作成し、そのIDをジャンプルーキー!の設定画面から登録する必要があります。

AdMob について

AdMob とは Google によるモバイル広告プラットフォームで、無料で利用できます。商品やサービスを宣伝する広告をアプリに表示させ、広告主から Google を介して費用が支払われます。詳しくはこちらをご確認ください。

広告を掲載するコンテンツのガイドライン、収益の振込方法や支払い最低金額などはAdMobの規定に従います。AdMobの規定については、AdMob ヘルプよりご確認ください。AdMobに関わる部分でのお問い合わせは、AdMobの窓口にて直接お問い合わせください。

万が一、AdMobのガイドライン上で広告掲出が不適切とされた作品については、収益が発生しないこと、またAdMobアカウントが停止となった場合も当社が責任を負いません。加えて、広告掲出が不適切とされた作品が確認された場合、運営元権限において広告を除外する場合があります。

登録方法

1. AdMob アカウントを作成する

こちらのページからご自身の Google アカウント(お持ちでなければ新規作成してください)で AdMob アカウントを作成します。

なお、18歳以下の方は、保護者の Google アカウントで保護者とご一緒に登録してください。

f:id:jumprookie:20180502185931p:plain

「スタート」を押して、AdMob の利用を開始します。

f:id:jumprookie:20180502185946p:plain
2. AdMob 上でジャンプルーキー!アプリを追加する

「新しいアプリの設定」で、Google Play や App Store でアプリを公開しているかどうかを問われます。ここでのアプリはジャンプルーキー!アプリに相当するので、「はい」を選択します。

f:id:jumprookie:20180502190001p:plain

検索バーに「 ジャンプルーキー 」などと入力して検索すると、App Store 版と Google Play 版の二つが表示されます。
このどちらについても追加することになりますが、今回の説明ではまず App Store 版を追加します。

f:id:jumprookie:20180502190031p:plain

アプリが AdMob に追加されました。「広告ユニットを作成」を押して、広告ユニットを作成します。

f:id:jumprookie:20180502190047p:plain

※ アプリが見つからず、一時的に任意のアプリ名で追加していた場合
現在、AdMobにアプリが反映されています。一時的に任意のアプリ名でアプリを追加されていた場合、ストアとのリンク作業を行う必要があります。以下にアプリをストアにリンクする方法を記載します。

アプリをストアとリンクする
一時的に追加したアプリをストアとリンクする方法について解説します。広告ユニットの設定などが終わったあとにアプリとストアのリンクをお試しください。

1. メニューの「アプリ」からストアとリンクしたいアプリを選択し、アプリの設定を選択してください。

2. アプリ名とストアのリンクを選択します。

3. アプリとAPP STOREをリンクを選択します

4. アプリを検索します。「ジャンプルーキー!」で検索してください。

3. 広告ユニットを作成する

広告フォーマットを選択するよう問われるので、「バナー」を選択します。

f:id:jumprookie:20180502190102p:plain

広告ユニット名の欄に適当な名前を入力し、「広告ユニットを作成」を押します。なおこの名前は管理用で外部に表示はされず、また後からも変更が可能です。

f:id:jumprookie:20180502190118p:plain

すると広告ユニットが作成され、アプリ ID と広告ユニット ID が生成されます。2. で表示されている広告ユニット ID をコピーします(アプリ ID は不要です)。広告ユニット ID は ca-app-pub-で始まる文字列です。数字だけなど間違った形式の文字列はジャンプルーキー!に登録できませんのでご注意ください。

f:id:jumprookie:20180502190441p:plain
4. 広告ユニット ID をジャンプルーキー!で設定する

WEB版のジャンプルーキー!を開き、トップページ画面右上のアイコンから「設定」を押します。

f:id:jumprookie:20180502185531p:plain

下にスクロールし、広告設定を確認します。その「iOS AdMob広告ユニットID」欄に、先ほど生成した広告ユニット ID を貼り付け、「保存」ボタンを押します。

f:id:jumprookie:20180502192443p:plain

これで App Store 版アプリでの広告設定は完了です。

5. 広告ユニットIDが正しく設定できたか確認する

ジャンプルーキー!に広告ユニットIDを設定したあと、翌日以降に忘れずAdMobの収益レポートを確認してください。広告ユニットIDを正しく設定できている場合、広告の表示回数や収益がご確認いただけます(収益レポートについてはコチラのAdMobのヘルプもご参考ください)。AdMobの収益はおおよそ1日程度でレポートに反映されます。設定の不備によって表示されなかった広告収入については今回の仕組みの性質上、補填ができません。ご了承ください。

同様の操作を Google Play 版についても行い、生成した広告ユニットIDを「Android AdMob広告ユニットID」欄に登録します。これで、ジャンプルーキー!内での広告関連の設定が完了です。

その後、AdMob の収益の入金を受けるためには、コチラのAdMobヘルプに従ってAdMobアカウントの支払い口座情報を設定してください。AdMobには最低支払い基準額があります(達しない場合は翌月以降に持ち越されます)。基準額に達したら、お支払いページで AdMob アカウントでのお支払い方法を選択できるようになります。(お支払い方法については銀行口座振込(電子決済)がAdMobでは推奨されています。)銀行口座振込(電子決済)には3つのステップがあるため、上記のAdMobヘルプをご確認の上、ご登録ください。支払い口座が登録され、テストデポジット確認・PINによる住所確認が完了するとAdMobの支払いスケジュールの規定に合わせて収益が振り込まれます。

禁止事項について

AdMobには独自の禁止事項があり、違反するとアカウントの停止などの処置がくだされる可能性があります。違反しないように注意を払って広告を設定してください。禁止事項や妨害行為への対策については以下のヘルプをご参照ください。

support.google.com

support.google.com