その他

敗北の歌

間狩 薫

閲覧数6661

購読数40

自分の作品は世にも触れられず、けれども自分より劣っている出来の作品が完成を浴びている。それが気に入らない、一人の男のある日。