その他

眼の先に~力なき者の志~

春天

閲覧数72

購読数1

時は戦国時代。豊臣秀吉が各地を平定し、天下統一を目前にした頃。その秀吉の天下統一の意向に反し、薩摩の島津家が自らが九州を平定せんと北に侵攻を開始。対する豊後の大友家は猛進する島津軍を食い止められず、敗戦を重ねていた。そんな渦中に一人の里の豪農の嫡子が、島津の軍勢から己が里を守らんと、先祖の太刀を持ち、城を飛び出した――