大路 まぐろ

閲覧数4896

購読数92

存在を畏れ、認識、信じられるもの。神も妖も、誰ぞ信じその存在を語り継がれるものそれ即ち、”しんごう”と申します。

連載争奪ランキングエントリー中