ファンタジー

黒丸双紙

藍沢 日澄

閲覧数2018

購読数32

江戸時代の架空の町「灰色町」では悪人から盗んだ金を庶民にばらまく義賊が出没していた。 毎夜見廻り歩く岡っ引きはある晩、小さくて怪しくてなんだかほっとけない泥棒…?を捕まえたのだが…。 本作は和風フィクションです。 歴史の参考にはあまりなりません。

連載争奪ランキングエントリー中