学園/スポーツ

祝祭のディストピア

放課後MG活動部

閲覧数178

購読数0

その時まで、矢廉啓(しかどけい)は一度も常識を疑う事はなかった。常識とは人生を進む上で半強制的に身につくものであり、意図して学んでいくものではない。もちろん矢廉啓は自身を一度も非常識だと感じた事はないし、常識に異常性を感じることもなかった。しかし、その日は何かが違った。今まで噛み合っていた歯車がずれ始め、違和感を覚える