太田冬希

閲覧数578

購読数2

妖精研究家の老人が死んだ。 遺書らしき手紙には、過去に犯した罪の告白があった。 …彼の家がたたずむその森に、一人の子供の死体を埋めたと。 若き捜査官エイルは、老人の家で出会ったある少年の声を頼りに、老人の死の真相をたどっていく。