コザロー

閲覧数178

購読数0

明治後期ー、ある文房具屋を営む 白河才吉という男は、いつものように店を開き、 いつものような日常を送るー、はずだったが、 その日、何かは起きる。何かは始まる。