その他

「竹の雨垂れ、星の石」

れいたこ

閲覧数1633

購読数29

小説家を志す少年の前に現れた見知らぬペットボトル。 中を覗くとそこには違う世界が広がっていた。