びすくっと

閲覧数43

購読数0

いわゆる「少年の話」を意識しました。狭い、たったひとりの子の世界観で完結している(作中、罪なき犠牲者は出ますが…)のも、またしかりかと。読んで、少年少女だった頃を思い出してもらえれば嬉しいです。