ファンタジー

隣のこいさん

芳蔵

閲覧数29076

購読数953

大正時代のちょっと不思議なお話です。 ※「こいさん」というのは大阪の古い方言で、女の子の末っ子をそう呼びます。 長女は「いとさん(いとはん)」真ん中の女の子は「なかいとさん(なかいとはん)」と呼びます。残念ながら、現代では使わなくなっています。