「少年ジャンプ+」連載グランプリ2020の詳細な最終結果を公開しました

「少年ジャンプ+」連載グランプリ2020の詳細な最終結果を本日公開しました。

ゴールドグランプリ受賞作「宇宙の卵」は「少年ジャンプ+」で連載&単行本化決定!
さらにシルバーグランプリの「アフタースクールメイト」は「少年ジャンプ+」で短期連載化!
ブロンズグランプリ作品には、賞金が各10万円の編集部バッジ賞が与えられました!
編集長による総評と合わせてご覧ください。
「少年ジャンプ+」連載グランプリ2020の詳細な最終結果はコチラから

「少年ジャンプ+」連載グランプリ2020のゴールドグランプリ最終結果発表

2020年11月期のルーキー賞受賞作を発表しました!

本日、2020年11月に投稿された作品のランキング上位10作品の中から、ジャンプ編集部の選んだ月間ルーキー賞受賞作品を発表しました。

2020年11月期 受賞作発表はコチラ

受賞作はもちろん、最終候補作となったランキング上位10作品の全てに編集部がコメントしていますので、受賞作と合わせてご覧ください。

月間ルーキー賞は毎月開催しているマンガ賞で、現在は2020年12月期のランキングを毎日更新中です。月間ルーキー賞について詳しくは「月間ルーキー賞とは」をご覧ください。

「プロのためのジャンプ+読切ネーム大募集!」応募受付開始!

「ジャンプ+」では今回初めて、編集部内での募集だけでなくプロのマンガ家の方にむけて新作読切ネームを広く公募します。

本日「プロのためのジャンプ+読切ネーム大募集!」応募受付を開始しました!

ジャンプ+では2020年の1年間で150作品を超える新作読切を掲載してきました。
2021年も紙・アプリ含めた全漫画雑誌の中で圧倒的No1の新作掲載量を目指して予算・予定を組んでおります。

「他誌ではボツになったが諦めきれないネーム」
「ずっと温めてきた秘蔵ネーム」
「この告知をご覧になって、新たに描いた意欲的なネーム」etc
どんなネームでも商業誌未発表の新作であれば構いません。

WEB雑誌の強みを活かして掲載ジャンルも幅広く歓迎します。
男性向け、女性向け、子供向けなど問いません。

締切は2021年1月31日(日)です。
アナタのご応募お待ちしております!
※こちらはジャンプルーキー!への投稿ではなく、応募受付フォームから応募していただく企画です。

→くわしくはコチラから

「プロのためのジャンプ+読切ネーム大募集!」応募受付を開始しました!

「少年ジャンプ+」に個人で自由に連載できるインディーズ連載枠のための争奪ランキング募集開始!

「ジャンプルーキー!」内のジャンプ+連載争奪ランキング1位作品に毎月インディーズ連載権を授与します!

「少年ジャンプ+」に、
『個人で自由に連載できる』
『読者数に比例して貰える金額が上下する』

そんなインディーズ連載枠を新設します。

(商業誌では連載したいけど担当とのやりとりが億劫だ)
(商業経験が浅いと原稿料が安くて不公平だ)
そんな悩みをもっている漫画家さんはいませんか?

「ジャンプ+インディーズ連載」では
・編集部のネームチェックを経ずに自由に連載できます。(表現等掲載基準に達しているかの確認はさせていただきます)
・各話の閲覧数に応じて原稿料が上下し、1ページあたり最高2万円得ることもできます。

「少年ジャンプ+」は、月間読者数がアプリとブラウザで計700万人を超え、WEB上で最もヒット作を創出しているNo.1WEB漫画誌です。
多くの読者に対し、個人で自由に連載し、自らの実力で沢山のお金を稼げます。
「SPY×FAMILY」「怪獣8号」などの人気作と競い、読者の支持を得ることで、あなたの投稿作を話題の大ヒット作に成長させることができます。

インディーズ連載権を獲得するための方法はシンプルです。
マンガ投稿サービス「ジャンプルーキー!」内で毎月開催される「連載争奪ランキング」で人気を得ると獲得できます。
ランキングは、最新3話の閲覧数の合計で決まります。

ぜひ個人の力で、インディーズ連載権を勝ち取り、「少年ジャンプ+」でのインディーズ連載から、日本を代表するヒット作を生み出してください。

★創設記念キャンペーン開催中!★
2020年12月~2月は連載権授与の枠が3倍!
必ず上位3作品にインディーズ連載権を授与しています。

→「ジャンプ+インディーズ連載」の詳細はコチラ
→「ジャンプ+連載争奪ランキング」エントリー方法の詳細はコチラ
→今月の「ジャンプ+連載争奪ランキング」はコチラ

 「少年ジャンプ+」に個人で自由に連載できるインディーズ連載枠のための争奪ランキング募集開始

ルーキー出身作家の新連載が少年ジャンプ+で12/10(木)スタート!

ジャンプルーキー!出身作家・笠間三四郎先生原作の「デッドプール:SAMURAI」が連載になって登場!ジャンプ+で12/10(木)からスタート!

◆「デッドプール:SAMURAI」 原作:笠間三四郎 作画:植杉光
MARVELから少年ジャンプ+に殴り込み⁉︎
アメコミヒーローの中でも特にハチャメチャな無責任ヒーロー「デッドプール」がついに連載化!!!!
アベンジャーズを引き連れて、ジャンプキャラまで巻き込んだなんでもありのスーパーコラボマンガ!

大好評だった読切版「デッドプール:SAMURAI」はコチラ

 ルーキー出身作家の新連載が少年ジャンプ+で配信スタート!

少年ジャンプ+にルーキー出身作家の読切が掲載!

少年ジャンプ+でルーキー出身作家の読切作品が掲載決定!
掲載スケジュールは、以下の通りです。

◆12/8(火) 「明停さん」 甘いバケモノ
闇夜に助けを願う少女あり。「両親を化物から助けて欲しい」飯島まゆ子は“明停”と名乗る怪しげな道具屋に依頼する。話を聞くうちに判明していく化物事件の意外な真相とは?
影が闇を呼ぶ退魔解決読切!

・甘いバケモノ先生がシルバールーキー賞を受賞した2020年4月期月間ルーキー賞の結果はコチラ

 少年ジャンプ+にルーキー出身作家の読切が掲載!

【第71回】『ジャンプルーキー!』から連載へ!漫画歴40日だった『ゲーミングお嬢様』の作者、連載中の“今”に迫る!

いつもジャンプルーキー!へのご投稿ありがとうございます!

今年2月の本ブログにて超バズった作品として紹介した『ゲーミングお嬢様』
当時、漫画歴40日にも関わらず、作者の大@nani先生「ジャンプルーキー!」上で690,000閲覧。(2020年2月現在)
Twitter上ではトレンド1位、フォロワー数10倍増、各メディアでインタビューを受ける
ほど大きな反響がありました。

【第61回】漫画歴、約40日!超バズったルーキー投稿作『ゲーミングお嬢様』の作者に迫る!!


今年の7月より、少年ジャンプ+でも異例の早さで連載となりました。


『ゲーミングお嬢様』 大nani/吉緒もこもこ丸まさお
<第1話はこちら>

漫画歴40日のど素人から、連載作家となった今、どのような思いで執筆活動に励んでいるのか改めてインタビューしました。

***

─── 連載してみて良かったこと、大変なことは?

原作者としての立場の考えですが、自分では書ききれなかった構図や、イメージとしてしか捉えられなかった表現を、マンガとしてカタチにしてくれることが何より嬉しいです。

原作者は、セリフを書いて、コマ割りを決めて、大まかな構図と表情、視線誘導の意図、キャラはここで何を考えているか、元ネタは何か、参考資料等、作画の方ができる限りスムーズに作業を行えるよう、メモを付属した上で「仮ネーム」を提出します。

その仮ネームが作画の方によって「本ネーム」としてブラッシュアップされる訳ですが、その際にまず一度、「こういう表現があったのか!」「思いつかなかった小ネタだ!」と驚きます。
その次に、出来上がった原稿を見て「ぼくの考えたネームがこんな凄いことになっているぞ!!」と再度驚きます。

とくに12話の見開き昇龍拳のページですが、ジャンプルーキー!に原作1話を投稿した時点から、いつかはカッコよく書きたいなと思っていた構図でした。
ですが、明らかに画力が足りないわけで、今書いてもショボいものにしかならなさそうだ、と保留していたわけです。

その構図を、巡り巡って実際に書いてもらえることになったわけです。まさかこんなにカッコよくなってしまうのかと。
12話の原稿を最初に見た時、思わず感嘆の拍手をひとりでにあげたことをよく覚えています。「ああ、自分の書きたかったものはこれだったんだな」と感動しました。


<原作版ネーム>


<作画版ネーム>


<完成原稿>


これは原作者にしか味わうことのできない『特等席』だと思います。本当に嬉しい。
誰でも一生のうち一度は夢見る「ぼくの考えた最強の脳内マンガ」が実際にこの世に出力される訳です。嬉しいですよね。

大変なことは、とにかく面白いものを考えなくてはいけないというプレッシャーです。マンガを書き始めて様々な創作物(マンガ、映画、ドラマ、小説など)に触れてきましたが、「こんなに面白いもの自分に書けるのだろうか?」などと勝手に落ち込むこともあります。力不足を実感する場面も多々ありますし、とにかく勢いでなんとかするしかない、とは思っていますが……
なんだかんだ最初にマンガを書いて1年経ちますし、そろそろ素人とは言えない立場になってきていると思いますので、とにかく勢いでなんとかします。

あと、積みゲーが大変増えています。消化する余裕がなくなりました。
願わくば、このゲームたちが1年、2年と消化する暇もないぐらい忙しくありたいですね。



─── ルーキー投稿時と連載時で、執筆において工夫していることはありますか?

インプットの話になりますが、とにかく創作物を見る機会を増やしました。この世には面白いものが多すぎます。
作風がパロディ上等というお行儀の悪さもありますが、面白いものの面白い理由をしっかり考えるようになって、それを拝借しているという形で許してください。

ドラマや映画のカメラワークなど、意識してみれば「これはコマ割りの参考になる」とか「見せ場はこんな風に作るんだな」など、マンガを書く前では考えもしなかった視点を持つようになりました。
自分のようなマンガ初心者が、子供の頃から沢山絵を書いている先輩達には生半可なやり方では絶対に勝てないので、日常の細かい発想から創意工夫を意識しています。

以前の自分では一切触れることのなかった文化にも、自分から接するように努力するようにもなりました。ラップなどですね。
とにかくインスピレーションはいくらあっても足りないので、興味のなかった文化にもエイヤと突っ込んでみることが大事だなと思いました。一度実績解除したら楽になります。
野菜が全般的に苦手だったんですけど、キャベツは肉と一緒に食べればいけるやん、肉無くてもソースかければバリバリいけるやんと、今年ついに実績「野菜の食べ合わせ」を解除しました。
案外、こんな簡単でくだらないものでも、未知の文化に触れるという「慣れ」ができると思います。


─── 連載前と連載中の今で、一週間や日々のスケジュールを教えて下さい。

今はひたすらに、ネームを書いて、ゲームをやって、創作物を見て、ゲームの配信を見る毎日です。正直なところ不健康極まりないです。
特にプロゲーマーの方の配信は一日中流したりしています。
あまりにもネタが欲しすぎて、ネームを書いていない時間はとにかくインプットに費やしています。

─── 反響などはいかがですか?大きな変化などあれば教えてください。

いつもネタに使わせて頂いているプロゲーマーの方達への感謝もこめて、よく配信にお邪魔して投げ銭を送っているのですが、「ゲーミングお嬢様の人だ」と反応してくれるのは嬉しいですね。
それに、自分は「自分の好きなものに沢山の人が興味を持ってくれる」ことが好きなので、このマンガを見て格ゲー始めた!とかプロゲーマーに興味出た!といった感想を食べて生きています。
「知っている人が面白いマンガ」から「知らない人でも面白くて興味を持てるマンガ」を書こうと考え始めたことが一番大きな変化だと思います。
それに「格ゲーはわからないけど面白い!」と言ってくれた人を、実際にゲーム配信を見始めて、実際にゲームをプレイしてもらえる、ところまで繋いでいけるような作品を作りたいです。
あと、いずれ自分も一週間に一度くらい定期的にスト5配信してみたいですね。今は忙しくてなかなか時間が取れないのですが、単行本作業を終えて余裕ができたらやりたいです。

─── 商業誌への連載を目指して、ジャンプルーキー!に投稿している作家さんへ一言お願いします。

まず書いてみましょう。書けばなんとかなります。
チェンソーマンの藤本タツキ先生もジャンプルーキー!のインタビューで仰っていましたが、とにかく、沢山の創作物に触れてみること。先入観を持たず、素直に「面白い」と思える感情が大事だと思います。

自分の「面白い」ものを徹底的に突き詰めて、思うがまま叩きつけましょう。
「好きなもの」を書くなら、妥協せず、徹底的に好きになること。熱意のある作品は、熱意のある人々に、必ず伝わります。


***

日本中のあらゆるお嬢様ゲーマーが憧れる超有名校・聖閣東芸夢学園。その学園の全一にして頂点・祥龍院隆子をはじめとする“eお嬢様”たちの熱き戦いの物語。
<ジャンプ+にて毎週火曜更新!!>