読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月間ルーキー賞 2016年10月期 受賞作発表

月間ルーキー賞201610月期 受賞作発表 受賞作以外も良作多し!
しかし、受賞作も含めあと一歩の「◯◯◯」を追求して!!

ランキング上位10作品から編集部の審査で選んだ月間ルーキー賞の発表です!
ルーキー賞について詳しくはこちら

ブロンズルーキー賞

「少年ジャンプ電子版」もしくは「少年ジャンプ+」連載枠に掲載 賞金¥100,000-

月間ルーキー賞ランキング1

となりの熊沢君

欲しいのは 居場所じゃなくて 食べる場所

むらたやゆう

編集部コメント

地味な暗い話でエンタメにしにくい作品だと思いますが、演出力・ページ構成や間の使い方、デザイン含め熊沢君の良い意味での違和感などが合わさって、とても味のある良い作品に仕上がっていると思います。後は絵です。「原作」という考え方も出来ますが、その場合この作品だと雰囲気の再現性が難題になってくると思うので、いずれにせよ更なる精進を期待します。

ブロンズルーキー賞

「少年ジャンプ電子版」もしくは「少年ジャンプ+」連載枠に掲載 賞金¥100,000-

月間ルーキー賞ランキング3

編集部コメント

WEB漫画らしい設定やテンポがよかったです。ちょっと長い印象だったので、コンパクトにまとめ、キャラと設定の面白い部分を、間延びしないようにより尖らせていくとよいと思いました。
また「ダンジョンのラスボス」というモチーフが巷にありふれすぎているので、その点も少し気になりました。

ブロンズルーキー賞

「少年ジャンプ電子版」もしくは「少年ジャンプ+」連載枠に掲載 賞金¥100,000-

月間ルーキー賞ランキング6

編集部コメント

主人公が虚無僧のようなかぶりものをした女子高生という、わけのわからないキャラクターですが読んでいると不思議と可愛く思えました。隣の席の女生徒との交流も微笑ましいものがありました。少ないページ数の作品ということもあり、今回は特別に3話までを1話分として評価させて頂きましたが、1話だけだと魅力の伝わりにくい作品と言えるかも知れません。今後は「読者に一度にどこまでのエピソードを一息に読ませるとよいか」まで意識するとよいでしょう。

最終候補作

月間ルーキー賞ランキング2

編集部コメント

言葉の壁を越えるセリフがない漫画というチャレンジ精神がよかったです。また絵も緻密で見ごたえがありました。一方、絵柄が硬い印象が残りました。また、そのチャレンジを実際のエンターテイメントにするためにはもう一歩進化やアイ デアが必要だと感じました。

月間ルーキー賞ランキング4

編集部コメント

神話をモチーフにした壮大な設定と、パワー溢れる絵。非常に個性溢れる作品でした。ラストの展開も、良い風刺になっていて、単発作品としての完成度は高いです。ただ、非常に読者から遠い世界観の作品になっているのも事実。是非次回作は、人間…とは言わずとも、読者が感情移入しやすいキャラ・設定で勝負して欲しいです。また、絵についても、引きの構図などを上手く使い、メリハリをつけて欲しいですね。

月間ルーキー賞ランキング5

編集部コメント

テンポ良く読めたのが評価が高かったです。ただワンアイディアに過ぎず、キャラクター等に魅力が今ひとつだったのが残念です。
初めて描いた漫画ということで、次は魅力的なキャラクターや企画をアピールする作品をお待ちしております。

月間ルーキー賞ランキング7

編集部コメント

ルーキー賞では常連になるセキセイイン子さんの作品ですが、過去同じキャラでの投稿が多かった中で、新しいキャラを作り出そうという意気込みが感じられ良かったです。また楽しい雰囲気とテンポの良さはさすがと言うべきで、安定した力を感じさせました。受賞にはあと一歩といったところか。今回は笑いの部分で今ひとつ爆発が足らない印象だったので、新たなキャラを見つけ出し再びチャレンジして欲しいと思います。

月間ルーキー賞ランキング8

編集部コメント

タイトルのインパクトを裏切らない、良い意味で馬鹿馬鹿し過ぎる作品でした。所々に、読者の想像を超える展開が用意されていて、そこも好感を持ちます。ただ…ギャグは面白ければ良し、絵は関係なし、とも思いますが…やはり画力が足りていないかなと。最低限、丁寧な絵を心掛けて欲しいです。今回の作品はあくまでも単発作品なので、次回は広がりのあるキャラ、設定を模索してください。

月間ルーキー賞ランキング9

編集部コメント

絵はまだまだ拙いながらも、独特の世界観と雰囲気を持っており作家性を感じました。物語のオチとしてはやや分かりにくかったですが、最後まで読ませる魅力ある作品だと思います。ただ今作は漫画の作り手サイドから見ると魅力的な才能でも、一般読者目線つまり商業漫画的にはまだまだ難しい位置にある作品です。ぜひそのあたりを意識して、自分の武器をしっかりと出しつつも一般読者にも伝わるような作品を目指して欲しいです。

月間ルーキー賞ランキング10

編集部コメント

不良っぽい男のキャラが、中性的な魅力を持つ男子(?)生徒に恋をしてしまうというのは根強い人気がある企画です。中性的な魅力を持つキャラというのはうまく表現するのがなかなか難しいものですが、この作品はキャラクターデザインや性格、仕草など含め、キャラの魅力を出すことに成功していると感じました。もう少し画力を上げることでデビューが近付くと思うので、「この人の描くキャラクターは可愛いな」と思える作家さんの絵を模写してみるとよいでしょう。

編集部からの総評

受賞作以外も良作多し!
しかし、受賞作も含めあと一歩の「◯◯◯」を追求して!!
今月もジャンプルーキーへの多くの投稿ありがとうございました!!
今回は最終候補10作品にバリエーション豊かな作品が出揃い、選考も白熱したものとなりました。その結果、久々にブロンズ賞が3本も選ばれる素晴らしい回となりました。全体的に自分の個性や武器を把握して、それを活かした企画・キャラクターなどを出している作品が多く見られ非常に良かったです。ただ、どの作品もあと一歩足らない印象です。
そのあと一歩というのは各作品、キャラクターの魅力であったり、ストーリーの厚み、見やすい画面作りや、作画のレベル、読者を引き込む構成、商業漫画を意識したエンタメ性であったりと、それぞれの漫画に足りないあと一歩の◯◯◯が多く見られました。
今後は自分の武器をしっかり磨きつつも、その自分に足りないあと一歩の部分を追求していって欲しいと思います。その先にルーキー賞、そしてさらなる先に『連載』というものが見えてくるはずです。来月も今月以上の力作をお待ちしてます!